2021年02月18日

元々社(最新科学小説全集)の小ネタ

本棚の整理をしていたら1冊だけ久保書店のQ-Tブックスが出てきた。ロバート・ムーア・ウィリアムズ「宇宙連邦捜査官(The Chaos Fighters)」だ。はて、どうしてこれ1冊だけを買ったんだろう……思い出せない。
SF_Gengen01.jpgSF_Gengen02.jpg

たしか原題を検索するとこの邦題で単行本が出ていたから古書で注文した……ような気がする。S-Fマガジンに載ったことのある作品だろうか……いや「宇宙連邦捜査官」は長編だからSFMに掲載されるくらいなら単行本も早川書房から出ているはずだろう。
ということは昭和30年代の一般小説誌に掲載された作品だろうか。SFMが創刊される以前の時代では、マイナーな海外SFの翻訳が「読者層が違うだろ」と思われるような一般小説誌に掲載されているのを屡々見かけたことがある。
たとえば「笑の泉」昭和34年1月号には福島正実の訳でロバート・シェクリン作(※シェクリの誤植だと思うが、目次ページと本文の扉ページの両方ともシェクリになっている)「スペース・ワイフ」が掲載されている。その後、昭和39年と47年に他社アンソロジーで再録されたらしいが未確認。
「実話と秘録」昭和32年12月号では矢野徹が3本の海外SFの抄訳を1本につなげて発表していたが、こちらは早々に手放してしまったので原書が何だったか確認できない。
「文藝春秋」昭和31年5月号にはハーマン・ウォーク作/木下秀夫訳「地球からの移民の末裔」が全文掲載されている。きっと折からの宇宙ブームにあって「ケイン号の叛乱」の作者が7年も前に書いたSF小説にも光が当たり、米国で出版されたという情報を聞いて「文藝春秋」編集部が飛びついたのだろう。その後は早川書房や東京創元社からも単行本化されることはなかったが、昭和51年になって木島始・荒木のり共訳「月で発見された遺書・ロモコメ報告書」として創樹社から出版されていた事を知り、邦訳を読み比べてみたくなって古書で注文したことがある。
SF_Gengen07.jpg
SF_Gengen05.jpgSF_Gengen06.jpg
ということは、たとえばジュヴナイルSF――石泉社の少年少女科学小説選集か、講談社の少年少女世界科学冒険全集か、岩崎書店のエスエフ世界の名作か――のように匙加減の異なる邦訳で出版されたことのある作品と読み比べようとして買ったのだろうか?

結論からいうと、この「宇宙連邦捜査官」は読み比べのために買ったわけではなかった。読み比べたくても、比べたい対象は出版されていなかったのだ。「宇宙連邦捜査官」の原書「The Chaos Fighters」は、昭和33年頃に元々社から、元々社の倒産後は東京ライフ社から、「混沌と戦う人々」という題で邦訳刊行予定であった。東京ライフ社版の途絶によって4作品が未刊行に終わったが、そのうち「混沌と戦う人々」だけが後年になっても早川や創元から刊行されていなかったことから、いったい原書は何だったのだろうと考えて辿りついたのが「混沌(chaos)」+「戦う人々(fighters)」→「宇宙連邦捜査官」だったというわけである。

順を追って説明すると、当初「The Chaos Fighters」の邦訳は元々社の最新科学小説全集・第二期第10回配本にあたる第22巻「混沌と戦う人々」(訳者:吉田隆)として刊行が予定されていた。以下、既刊巻末に掲載されたあらすじ紹介を抜粋する。
SF_Gengen04.jpg
「人間、別名霊長類売ります」という看板が或る店先にでていた。人間はどうなるか。天体間の陰険な叛乱計画に対抗して人間の自由と生活を擁護するためにジョン・ホールデンは起ちあがる。今までの古い物理学の観念では理解できないような新しい発明の結果、怪しい武力をもった怪漢が出没して事件が頻々と発生する
何ともまあ……まさに混沌というか、元々社らしいというか、たった数行のあらすじを読んだだけで色々と不安がつのる文章ではある。

元々社は昭和32年2月10日に第二期第5回配本第17巻「沈黙せる遊星」を発行するとその二週間後の2月25日に慌ただしく第7回配本第19巻「文明の仮面をはぐ」を出版。間に入るべき第二期第6回配本第18巻「時間と空間との冒険」は未刊行のまま破綻した。
「時間と空間との冒険」を含む第二期の残り6巻分は東京ライフ社から宇宙科学小説シリーズと叢書名を変えて刊行が予告され、まず「宇宙恐怖物語」が10月31日に発行、次いでようやく「時間と空間との冒険」が12月3日にされ――そこで東京ライフ社版もまた途絶してしまっている。東京ライフ社版のあらすじ紹介は元々社版とほぼ同じだが、訳が拙いと悪評しきりだった元々社版を反省してか単に字数の制約か、言い回しが若干改められている。SF_Gengen03.jpg
「人間、別名霊長類売ります」という看板が或る店先に出ていた、人間はどうなるのだ。天体間の陰険な叛乱計画に対抗して人間の自由と生活を擁護するためにジョン・ホールデンは起ちあがる。今迄の物理学者の観念では理解できない発明がなされ、怪漢が出没する

ちなみにマッコーマース編「時間と空間との冒険(Adventures in time and space)」は昭和41年にハヤカワ・SF・シリーズ(銀背)から刊行される際、邦題が「時間と空間冒険」に変わっている。平成17年には岩崎書店から同名の子供向けアンソロが出ているようだが、マッコーマースの編纂とは記されていないようなので、こちらはおそらく無関係だろう。
参考までに、久保書店版の裏面に記されているあらすじはこうなっている。
ヒーサーとダフナー夫人は、不可解な方法で、いったん消失してから地球にもどったが、同じような目にあいながらハルディンとバーゲンが月に運ばれたのはどういうわけか?
ハルディンは、もう、こうした奇怪な出来ごとに目をつむっていることはできなかった。べつに彼は科学者ではないが、こんな現象が、人工の機械や装置で実現できるとは思えない。一人の女が、空中高く引き上げられ、ボールのような地球を見下ろしたなどということが、どうして起こるのだろうか? 二人の男が、一瞬のうちに地球から月に運ばれたなどということが、どうして可能なのだろうか?<気まぐれ作用>には、このような現象までふくまれているのだろうか?
宇宙空間のたとえようもない寒さがハルディンの心によみがえって来た。
……似たり寄ったりだった。ストーリーどころかタイトルの「宇宙連邦捜査官」にさえ何ひとつ繋がってこない。売る気があるのだろうか?

posted by 猫山れーめ at 18:41| Comment(0) | 古書(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
最近のコメント